Now Loading...

第69回カンヌ国際映画祭「監督週間 のオープニングを飾り話題となったイタリアの巨匠マルコ・ベロッキオ監督最新作。原作は、イタリア人ジャーナリストのマッシモ・グラメッリーニによる大ベストセラー自伝小説「Fai bei sogni(よい夢を)。
原作に深い衝撃を受けたベロッキオは、大切なものを失った過去にとらわれ、まるで抜け殻のように人生を過ごしてきた男が、運命の出会いによって長い夢から目覚め、未来に向かって歩み出す姿を、巧みな語り口と演出によって描き出す。
フェリー二やヴィスコンティといったイタリアの往年の巨匠たちの作品が持つ品格を継承しながら、イタリアの今を探求し続ける現代の巨匠による意欲作が誕生した。
主演は、『ローマに消えた男』(13)、『おとなの事情』(17)などイタリア映画界を代表する人気俳優ヴァレリオ・マスタンドレア。女医役は、米アカデミー賞®にノミネートされた『アーティスト』(11)やカンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した『ある過去の行方』(12)などその美貌と演技力が世界的に評価されているベレニス・ベジョ。さらには、アルノー・デプレシャン監督作品などで知られるフランス人女優エマニュエル・ドゥヴォスらが脇を固める。
希望に満ち溢れていた高度経済成長期の60年代と、30年を経た先行き不透明な90年代を往来して描かれる本作。古き良きイタリアの象徴として描かれる古都トリノは、主人公マッシモにとって幼少期のキラキラとした思い出の地であると共に、母親を失うという傷を負った地でもある。一方、現代の首都ローマは、青年となったマッシモが今を生きている場所だが、彼の心はそこにはなく、ただ思い出の中に生きている。しかし、ある運命の出会いによって彼は覚醒する。
戦後イタリアの光と影を背景に、二つの都市と二つの時間が交錯する中、ある愛の物語が綴られる。
1969年、トリノ。
9歳のマッシモの穏やかな幼少期は母親の謎めいた死によって閉ざされてしまう。神父が母親は天国にいると伝えても、小さな少年はこの喪失を受け入れようとはしない。
時が経ち90年代、ローマ。大人になったマッシモは、腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきた。しかしサラエボでの紛争取材の後、パニック障害を起こしてしまい、駆け込んだ病院で、精神科医のエリーザと運命の出会いを果たす。それまで人を愛することができなかったマッシモだったが、この出会いによって次第に心を解きはじめる。
そんな折、父親の逝去を機にトリノに戻ったマッシモは、幼い頃両親と住んでいた家を売ろうと決める。様々な思い出が詰まったその家で、マッシモは再び過去のトラウマに向き合うことになるのだった・・・。
脚本・監督:マルコ・ベロッキオ
1939年11月9日、イタリア北部の町ボッビオ生まれ。ミラノの大学で哲学を学んでいたが、映画に転向。1959年からローマ国立映画実験センターで映画製作、演出を学ぶ。65年、『ポケットの中の握り拳』で監督デビュー。「中国は近い」(67/未)では第28回ヴェネツィア国際映画祭で審査員特別賞と国際映画批評家連盟賞を受賞し、確固たる地位を築く。その後、精神科医のマッシモ・ファジョーリと知り合い、作風を精神分析的なものへと変貌させてゆく。80年代から90年代にかけて『肉体の悪魔』(86)、『蝶の夢』(94)といったベロッキオの真骨頂とも言える作品を生み出す。2003年には、『夜よ、こんにちは』で第60回ヴェネツィア国際映画祭にて特別個人貢献賞を受賞した。『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』(09)は、第62回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、イタリア映画界最大の栄誉であるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で監督賞ほか最多8部門を受賞。さらに2011年、その業績が讃えられ、第68回ヴェネツィア国際映画祭より栄誉金獅子賞を受賞し、国内外で高い評価を得ている。
マルコ・ベロッキオ監督コメント
『甘き人生』は、近年イタリアで最も売れた小説の一つとなった、マッシモ・グラメッリーニの小説『Fai Bei Sogni(よい夢を)』を基にして誕生しました(作品が描く緻密さや感情の豊かさを考えればそれも当然の評価ですね)。ですが、私は単にベストセラーだからと言ってこの作品で映画を撮ろうと思ったのではありません。作品のテーマ、劇的な展開...母親の死、に惹かれたのです。
幼少期に母親を失うということ。9歳で最愛の母を失い心の傷を抱えたマッシモ―その愛は母からも同じように注がれ、絶対的で、自分だけのものであるが故に一層強く感じられたのです。
人を愛する気持ちを失い、冷たく空っぽの少年時代を過ごし、そのまま大人としての人生を歩むことになってしまいます。複雑な人生環境と行き当たりばったりで表面的な人間関係では、マッシモの無関心という固い鎧を破ることはできなかったのです。
ジャーナリストとして活動しているマッシモは、ある日“目覚め”、苦しみの根源に向き合うことになります。
“治癒”について語ることもできますが、私はそれよりも変化することの具体的な原則というものを深く描きたかったのです。
この本には激しく深い衝撃を受けました。私の映画で描いてきた多くのテーマが物語に詰まっていたからです。家族、母親、父親、イタリアが迎えた激変の時代を生きた一家を少なくとも30年に渡り描いています。イタリアのこの変化はマッシモが文字通り家の窓から見てきたことなのです。
ジャーナリストのマッシモが訪れるのはローマ、サラエボ、トリノです。大手新聞社で働いている彼は現実の記録者であり、公平な目撃者でもあります。彼はどうにかして世界で起こる出来事を憐れむ参加者になりたいと思っているのかもしれません。
ヴァレリオ・マスタンドレア
1972年、ローマ生まれ。俳優として演劇、映画、テレビで幅広く活躍し、短編映画の監督もする。1994年、「Ladri di cinema」でスクリーンデビュー。メインキャストの一人を務めた「Cresceranno i carciofi a Mimongo(英題:Growing Artichokes in Mimongo)」(96)が大きな成功を収め、一躍知名度を上げる。続く97年、「Tutti giù per terra(英題:We All Fall Down)」にてロカルノ国際映画祭男優賞を受賞。多数の映画に出演する傍ら、ミュージカルの舞台にも立つ。2005年には旅行先で起こるトラブルを題材にした短編映画「Trevigolaottantasette」を監督。「はじめての大切なもの」(10/未)にて、イタリア映画界最大の栄誉であるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の主演男優賞を、『ローマに消えた男』(13)で同賞助演男優賞を受賞した。イタリア映画界を代表する人気俳優のひとり。
ベレニス・べジョ
1976年、アルゼンチン生まれ。3歳でフランスに移住。1996年、「LES SOEURS HAMLET」(未)で映画デビューを果たす。2001年、ヒース・レジャー共演の『ROCK YOU! [ロック・ユー!]』で、ハリウッドに進出する。ミシェル・アザナヴィシウス監督作品では「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」(06/未)に出演し、私生活でもパートナーとなる。2011年、同監督の『アーティスト』でキュートなヒロインを演じ、セザール賞女優賞を受賞。同作で、アカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞、放送映画批評家協会賞にもノミネートされ、賞レースを席巻。実力派女優として確固たる地位を築く。13年には、『ある過去の行方』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞し、セザール賞にもノミネートされた。
エマニュエル・ドゥヴォス
1964年、フランス生まれ。両親は共に俳優。女優になるために学校を中退し、フロラン校でフランシス・ユステールに師事、演技を学ぶ。1986年に、フランシス・ユステールが監督をつとめた「On a vole Charlie Spencer!」で映画デビュー。2001年、『リード・マイ・リップス』に出演。出所したばかりの粗野な青年に惹かれる難聴の女性を演じ、セザール賞主演女優賞を受賞。また、アルノー・デプレシャン監督の作品にも数多く出演している。
スタッフ
監督:マルコ・ベロッキオ
原作:マッシモ・グラメッリーニ「Fai bei sogni」
脚本:ヴァリア・サンテッラ、エドアルド・アルビナーチ、マルコ・ベロッキオ
撮影:ダニエーレ・チプリ
編集:フランチェスカ:カルヴェッリ
音楽:カルロ・クリヴェッリ
音響:ガエターノ・カリート
美術:マルコ・デンティチ
衣装:ダリア・カルヴェッリ
プロデューサー:ベッペ・カスケット
エグゼクティブプロデューサー:シモーネ・ガットーニ
キャスト
マッシモ:ヴァレリオ・マスタンドレア
エリーザ:ベレニス・ベジョ
マッシモの母:バルバラ・ロンキ
マッシモの父:グイド・カプリーノ
マッシモ(幼少期):ニコロ・カブラス
マッシモ(少年期):ダリオ・デル・ペーロ
老教師:ロベルト・ヘルリッカ
アトス:ファブリツィオ・ジフーニ
エンリコの母:エマニュエル・ドゥヴォス
都道府県 館名 公開日
北海道 シアターキノ 近日
都道府県 館名 公開日
東京 ユーロスペース 7月15日
東京 有楽町スバル座 7月15日
神奈川 横浜シネマ・ジャック&ベティ 9月2日
神奈川 川崎市アートセンター 8月26日
群馬 シネマテークたかさき 近日
都道府県 館名 公開日
愛知 伏見ミリオン座 8月12日
静岡 静岡シネ・ギャラリー 9月16日
静岡 シネマ イーラ 近日
石川 シネモンド 近日
都道府県 館名 公開日
大阪 シネ・リーブル梅田 7月29日
京都 京都シネマ 近日
兵庫 シネ・リーブル神戸 8月19日
都道府県 館名 公開日
岡山 シネマ・クレール 近日
愛媛 シネマルナティック 近日
都道府県 館名 公開日
福岡 KBCシネマ 8月26日
長崎 長崎セントラル劇場 9月2日
大分 シネマ5 近日
宮崎 宮崎キネマ館 9月9日
鹿児島 天文館シネマパラダイス 9月16日